愛車のガラス交換で断熱性がグンと上がる~人気の断熱ガラス~

ガラス交換で変わる車内環境

複数枚のガラス

自動車は、購入時点ではガラスなども純正のものとなっています。しかし、フロントガラスとして使用されるガラスには、実に多彩な性能を持っているものがあるため、ガラス屋でのガラス交換時に違いを把握しておくと安心です。

ガラス屋で対応しているガラス交換の種類

合わせガラス
どの車のフロントガラスにも採用されている、一般的なガラスといえば合わせガラスです。二枚のガラスの間に中間膜が挟まっており、この中間膜がフロントガラスに強靭性と柔軟性を与えているのです。事故が起きた際に人がぶつかると、粉々に粉砕されてしまうため、脆い印象を持つ人もいるでしょう。しかし、実際にはわざと粉々に砕けるように設計されているからであり、砕けることで人への衝撃を分散することができるのです。
強化ガラス
強化ガラスは、衝撃抵抗が通常のガラスの3倍から5倍ある強靭なガラスです。ガラスを700度まで加熱し、一気に冷却することで「外部圧力応用力」を用いて形成されます。非常に強固であるため、サイドガラスやリアガラスに設置することで、車上荒らしなどへの防犯対策を行なえます。割れた時に車の防犯性を高めたいなら、強化ガラスへのガラス交換がおすすめです。
断熱ガラス
車は家に比べると断熱性が低いため、夏場になると車体や内部の空気が太陽熱で熱せられ、外よりも高温状態になることがあります。エアコンが効くまで暑い思いをすることや、社内にある機器が熱で故障するなど、真夏での社内はなにかとトラブルが多いものです。車のガラスを断熱ガラスにすることで、こうした問題にも対処できます。また、熱を伝える赤外線をカットできるので、車内への温度上昇を抑えられます。紫外線もカットしてくれるため、日焼け対策に効果的です。ガラス交換では、加工された断熱ガラスもやはり人気です。

ガラス交換は世界シェア№1の断熱ガラスがオススメ

1枚のガラス

断熱ガラスといっても、性能は取り扱うガラス屋やガラス交換サービスによってそれぞれ変わります。最もシェアの多い断熱ガラスは、どのような性能を有しているのでしょうか。

安全性の高いガラス(35歳/男性)

ドライブ時に気になるのが、サイドガラスから差し込む日差しです。ウチの子供は生まれつき肌が弱いので、窓からの強い日光を防ぐにはどうすればいいか悩んでいました。日差しを遮る断熱ガラスへガラス交換したところ、紫外線や赤外線をカットできるようになったので、今ではウチの子と一緒にドライブを楽しんでいます。

快適なドライブが可能(34歳/男性)

夏になると厄介なのが車の温度。サンシェードを付けても蒸し風呂のような熱気が籠もるので、暑がりの私にはこたえる問題でした。しかし、車のガラスを断熱仕様にガラス交換することで、こうした夏場の悩みから解放されました!目を西日からガードするぼかしが、ガラス上部入っているのも気に入っています。

地球環境にも考慮したフロントガラス(28歳/男性)

断熱ガラスに交換したことで、車内のエアコンの効きがよくなったので、夏場は非常に快適ですね。エアコンで一気に冷却せずに済むので、車の燃費もよくなり、ガソリン代の節約にも役立っています。今話題のエコカーにも付けられているそうで、環境にも優しいものだからガラス交換にいいかもですね。

まとめ

断熱ガラスは国内での評価も高く、ほとんどの国産車へ取り付けることが可能です。ガラス屋によるガラス交換により、理想的な車内環境が得られるでしょう。

TOPボタン